本文へスキップ

Milky Wayは国際社会に羽ばたいていけるようなこども達の育成その実現を目指します。

電話でのお問い合わせはTEL.047-312-6173

千葉県市川市南八幡4丁目5−17 清鳳ビル1階

給食・食育について

食事とは喜びであること、そして食材・作ってくれた人に感謝をしなければいけないことを子どもたちに教えていくことが大事だと考えます。食への意欲はすべての意欲につながります。つまり食育とは「意欲を引き出すための教育」です。

幼児期の子どもたちにとって、食事とは基盤です。心身ともに成長するために一回一回の食事はとても重要な役割を果たしています。将来子だもたちが大人になった時に記憶に残るような食事を食べさせてあげたい、幼児期の食事というのは子供たちの記憶に、体に自然と刻まれていっているのです。

そこでMilkyWayでは子供たちに色々な料理、味を口にすることを食育と考えます。

月曜日はお母様方のお弁当を食べることにより、いつもと違う喜びを味わい感謝します。
そして手作り給食の日が週に三回あります。これはお母様のごはん以外のものの味を学ぶことになります。園でプロの調理師さんの作った暖かくておいしいごはんを召し上がっていただきます。食事への興味を引くために季節ごとの行事食も多く作っていきます。

また、週に一度外部からのお弁当の日と、世界の料理の日を設けました。「世界の料理」とは世界各国の料理を園の調理師が作ります。せっかくインターナショナルスクールにいるのですから、言葉や文化だけではなく、世界の食事を口にしてみるのも良い勉強ではないでしょうか。大きな世界地図を指さしながら、どんな国のごはんだろう?そこにはどんな人たちがいるのだろう?と想像しながら口にすることで、海外への興味もわいてきます。
子供たちが大人になったときに海外へ一歩踏み出すきっかけになればと思います。

月曜日のお母様の手作り弁当の日にどうしてもご用意のできない場合は、業者のお弁当の予約もできます。その場合別途料金チャージいたします。

MilkyWayは、放射能汚染の影響を大きく受けると考えられる幼児の給食を作るという立場から、食品の使用については慎重であるべきと考えております。

当園の給食製造について

1.給食調理に使用する食材につきましては、放射能汚染に関しての出荷制限が出たことのある区域のものを可能な限り使用しないように務めて参ります。

2.魚については、近海でとれたものは出来る限り使用しません。

3.調乳用水は、安全性が高いと判断されているミネラルウォーターを使用します。

4・基本的な食材は九州地方の会社と提携し、安全なものを取り寄せています。

information

Milky Way International Preschool

〒272-0023
千葉県市川市南八幡
4丁目5−17
清鳳ビル1階
TEL.047-312-6173
FAX.047-312-6184